とらのとおぼえ

こちらに移転しています。(2012/08/25)

盛岡在住のタイガースファン "Gehrig(ゲーリッグ)" によるとおぼえ。
自分用飲み屋データベースを目指してます…。
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>





【カクテル】Tomate@アサヒ
Tomate(トマーテ)
販売元:アサヒビール
原材料:アルコール、トマト果汁、レモン果汁、他
容量:335ml
アルコール分:5%
Tomate@アサヒビール
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(7)  trackbacks(0)

【ビール】琥珀エビス@サッポロ
琥珀エビス
販売:サッポロビール
原材料:麦芽、ホップ
アルコール分:5%
琥珀エビス@サッポロ
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(2)  trackbacks(0)

【ビール】一番搾りSTOUT@KIRIN
KIRIN一番搾りSTOUT(スタウト)
製造:キリンビール
原材料:麦芽・ホップ
アルコール分:5%
一番搾りSTOUT@KIRIN
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(0)  trackbacks(0)

【発泡酒】アップルラガー@ベアレン
ベアレン『アップルラガー』
製造:ベアレン醸造所
アップルラガー@ベアレン
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(2)  trackbacks(0)

【リキュール】Sparkling Hop@KIRIN
KIRINSparkling Hop
キリンビール
原材料:発泡酒、大麦スピリッツ
アルコール分:5%
リキュール(発泡性)
Sparkling Hop@KIRIN
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(2)  trackbacks(0)

【ビール】ベアレン
「ベアレン」各種
製造:ベアレン醸造所
ベアレン
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(4)  trackbacks(0)

【米焼酎】古代一壺@六調子酒造
『古代一壺』(こだいいっこ)
製造:六調子酒造
原材料:米(100%古酒)
アルコール度数:38%
古代一壺@六調子酒造
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(4)  trackbacks(0)

【日本酒】麹's@日の丸醸造
まんさくの花『麹's(コージーズ)』2004
原材料:米こうじ、米
アルコール分:16度以上17度未満
精米歩合:65%
醸造元:日の丸醸造株式会社
麹's@日の丸醸造
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(4)  trackbacks(0)

【チューハイ】黒あま@メルシャン
奄美産黒糖焼酎使用黒あまチューハイ
製造元:メルシャン
黒あま@メルシャン
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(0)  trackbacks(0)

【ワイン】紅伊豆@EDEL WEIN
フルーティで爽やかな甘さ『紅伊豆』
製造元:EDEL WEIN
紅伊豆@EDEL WEIN
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(0)  trackbacks(0)

【すだち酎】美眉@徳島県
炭酸すだち酎美眉日新酒類株式会社
美眉
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(2)  trackbacks(1)

【焼酎】もちモチ焼酎
『もちモチ焼酎』

以前、「もち米で作った日本酒『もちモチ酒』」を紹介したが、
今回はその「焼酎版」。
もちモチ酒は、辛口を呑んでも
結構甘口よりな印象の日本酒だった。
もちモチ焼酎は、原材料に「酒粕(もち米)」とある…
ここから「粕取焼酎」を想像してみるが…果たして…。

もちモチ焼酎
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(0)  trackbacks(0)

【ワイン】おたる 特撰ナイヤガラ(05年産)
先日、川徳の北海道展(だったかな?)で購入したワイン、
おたる 特撰ナイヤガラ(05年産)
おたる
続きを読む >>
W : Gehrig    comments(1)  trackbacks(0)

【日本酒】もち米で作った「もちモチ酒」
今回もちょっと前の話になるのだが・・・

盛岡市内にある産直「サンフレッシュ都南」に行ったとき
以前から気になってた日本酒熱燗を発見。

もち米で作った日本酒『もちモチ酒』
もちモチ酒
サンフレッシュ限定販売らしい。

なんでも盛岡の南に位置する紫波町が、
全国第一位のもち米生産地なんだそうな拍手

もち米の特徴なんだろうか!?
辛口を買ってきたのだが思ったより甘め、
でも日本酒の風味が強いわけではなく
やっぱり呑みやすい。

ちなみに製造は月の輪酒造店
たしか同じ月の輪で造った「もちっ娘」という酒も
以前居酒屋で呑んだことがある。
#これももち米がベース
こちらは非常に甘く、個人的には合わなかったが
一度呑んでみる価値はある。
#特に甘口が好きな方には・・・。

だいぶ前の話題を引っ張り出すが汗
もち米ベースの焼酎も今造ってるらしい。
もち米焼酎初蒸留!」@サン・フレッシュdeブログ
1月末の時点で「半年後をお楽しみに。」って書いてある。
もう数ヶ月で呑めるのか!?
楽しみ〜嬉しいラブ
W : Gehrig    comments(7)  trackbacks(0)

【泡盛】出張のお供に「八重干瀬」?
先日まで2泊3日で出張してた。

出張するとビジネスホテルで
ついついビール熱燗が呑みたくなるもの・・・。

で毎度コンビニで購入するよりは、と思い立ち
今回は酒持参で出張することにした。

持参した酒は
宮の華の泡盛『八重干瀬』

以前、沖縄旅行した際、
南島酒房 黒うさぎ』という店で
ロックで呑ませて頂いてから
気に入ってた泡盛である。

その後、東京・汐留に行った際、
立ち寄った『焼酎オーソリティ』で
八重干瀬を発見!

実は沖縄で飲んだ時は、かなりまろやかな感じで
呑めた泡盛だったので、気に入ってたのだが
購入して家で呑んでみると結構きつい感じ汗
で、一升瓶で購入してたものが、まだ残ってたのだ。


そう、今回の出張に一升瓶抱えて持っていった俺。
#何しに行ってるんだ!?

ビジネスホテルで冷蔵庫もない、製氷機もないため、
コップにストレート冷や汗
当然、月9の終わる頃には
もう眠い・・・zzz

でも余計な出費がなく済んだ出張だったなぁ〜グッド

次回は一升瓶で持っていくのはやめとこ汗
W : Gehrig    comments(1)  trackbacks(0)

【日本酒】刈穂「山廃純米超辛口」。
昨日はちょっとめでたい日だったので、
いつもよりちょっと多めの料理と共に
刈穂「山廃純米超辛口」刈穂酒造をいただく。

実はこれ、冬合宿で呑むために
買ったのだが、黒糖焼酎でつぶれてしまったため
まだ開栓もしてなかったもの。

うちの会社、秋田県でも仕事するのだが
そこで刈穂にはまってくる先輩が多いのを聞いていたため
セレクトした秋田県の日本酒。

前回呑んだ別の辛口熱燗もさらっと呑みやすかったこと、
俺もかみさんも純米しか呑めない事もあって、
迷わず買った。

開栓すると、思ったより日本酒の香りが強い。
でも呑むとさらっと呑みやすい。
さらっとしてる割に香りが強いためか、
呑んだ後の余韻で口の中に香りが残り、
それもまた良いグッド
「ス〜ッ」と呑んで「ふわっ」と香る
表現力がないので感覚で言うとそんな感じ。

俺は基本的に酒盗やばくらいをつまみながら
ちびちびじっくり飲みたいタイプなのだが、
この日本酒は、食事しながら呑むのに良いタイプ。
#むしろその方があってるかも。

ラベルには常温またはぬる燗がオススメと
書いてあったが、今回はそのまま常温で。
まだ飲みきってないので、今度はぬる燗で試してみます。
W : Gehrig    comments(7)  trackbacks(0)

【焼酎】大分むぎ焼酎 二階堂 吉四六
土曜日、かみさんの両親がうちに「お宅訪問」。

で、焼酎好きなのを知ってるので
差し入れに焼酎を持ってきた。

大分むぎ焼酎 二階堂 吉四六二階堂酒造

お父さんには直接言えなかったが、
実は麦焼酎って苦手なんです冷や汗

ま、せっかくの差し入れ、断るわけにもいかず
とりあえずロックで呑んでみる。

・・・ん?思ったよりいけそう。
いつも呑んだ後にくる香りが
強烈な麦やらアルコールの風味(これがダメ)でなく、
結構やわらかい香りなので、呑みやすい。

同じく麦が苦手なかみさんも「あ、いける」。

商品のホームページみたら
「比較的永く貯蔵し、じっくりと熟成させ・・・」
と書いてある。
どうも今までの傾向として
「熟成」モノは合うらしい
女性は「熟成」モノでないほうが良いのだが汗
W : Gehrig    comments(10)  trackbacks(1)

【日本酒】『杜氏の詩』は初心者向け?
会社の先輩から日本酒の品揃えが良い店がある
と聞いて行ってみた。
仙北町駅前の酒屋、福来屋酒店

店自体はそれほど広くないが、
日本酒スペースがしっかり確保されており
久保田の萬壽もプレミア価格でない設定で売られていた。
#近くのチェーン店系列は平気で1升瓶で1.5万円とかしてるし。

で、正直「酒は好きでも詳しくない」俺は
悩んだ挙句、呑んだことのない福岡県の日本酒を手にする。
『杜氏の詩(辛口純米酒)』杜の蔵
日本酒は主に東北や新潟など北日本のイメージが強く、
焼酎のイメージが強い九州の日本酒って
意外と呑む機会がないので、この際・・・ってことで。

さっそくその晩、夕飯と共にいただくことに。

一口飲んで「あれっ!?」って思うくらい呑みやすい。
香りの強い日本酒のイメージからすると
水っぽいと思うほどさらっと呑める。
つまみながらじっくり呑む酒じゃないが、
逆にどんな料理でも合いそうな感じだろうか。

かといって『上善如水』ほど
さらっとし過ぎてないので
日本酒初心者向けって言ったらいいのかな?
結構、女性うけしそうな感じでした。
#実際、かみさんは気に入ってたようなので。

1点だけ注文つけるとしたら
このラベル書いてあるURL間違ってるし汗
W : Gehrig    comments(7)  trackbacks(0)

「All Koji」という名の日本酒。
All Kojiって日本酒知ってる?

先日、結婚祝いとして友人からいただいたのだが、
これがまた日本酒っぽくなく呑みやすい
#個人的には日本酒も好きなので問題ないのだが・・・。

以前に岩手ローカルの番組で「苺を入れて呑む」
って呑み方見てたので、ぜひやってみたかったんだが、
ちょうど週末に義母がいちご買ってきてくれてラッキーラブみたいな。

でロックで1杯飲んだ後、苺チャレンジ・・・
・・・これがまたさらに日本酒くささを消してくれて
ワインのような風味でより呑みやすい!
やるねぇ、南部美人

岩手の日本酒だと他に北国の恋人ってのもあるけど、
こいつもワインのような味わいで呑みやすいタイプ。
こちらは桜顔酒造って別の酒蔵なんだけど。

以前、四国のとある業者さんが盛岡に来て一緒に飲んだときに
「これ、おみやげに買っていこう!」って喜んでたくらい
日本酒とは思えない呑みやすさだったらしい。

どちらも女性向けの日本酒かな?なんて思うけど
もし岩手にお越しの際はおみやげにどうぞ・・・
・・・ってどこでも売ってるのかな?
W : Gehrig    comments(1)  trackbacks(0)